ただの専業主婦がお小遣いを稼ごうと株をはじめました。うねり取りを実行中。場帳とホシ足で相場の波に乗るつもり。
順張りはやりません!突っ込んだら買、噴いたら売り、これ鉄則。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1位独走中!
現在1位の
「僕と株と樹海の日々」


意外とトラックバックの方法を知らない方が多いようなので、トラックバックの方法を書こうと思います。
と偉そうに書いていますが、私もよくわからなかったくちなので、自分のために残しておこうと思います・・。

日ごろ訪れるブログの記事を、自分の記事で紹介したいと思ったとき、このトラックバックが役に立ちます。
まず、紹介したいブログの記事をチェックします。
その記事の下にトラックバックと言うところがあり、トラックバックURLをコピーします。
次に、自分の記事を書き、その方の記事を紹介し、トラックバック送信先に先ほどのURLをペーストして、ブログを更新します。
そうすると、相手の記事のトラックバックに、自分の記事が載ります。
その相手の方は、自分のトラックバックから辿って、自分が紹介された記事を知る事ができます。
ちょっと文章じゃわからないと思いますので、私のブログを使って練習です。

まず、気になる記事を見つけてください。その記事の下にトラックバックがありますので、トラックバックのところへ行って下さい。


tora1



トラックバックの一番下に、URLが記載されています。このURLをコピーしてください。


tora2



自分のブログに戻り、その方の紹介文などを記事本文に書いてください。
書き終わったら、更新する前に、一番下の方にトラックバックの送信先がありますので、そこに先ほどコピーしたURLをペーストします。
それから更新してみてください。


tora4

自分の記事が更新されたら、先ほどトラックバックした相手のブログを訪れてみてください。
自分の記事が、相手のトラックバックの部分に載っているはずです。

いかがでしょうか?

もしよろしければ、この記事のトラックバックを使って皆さん練習してみてくださいね。
私のトラックバックに、皆さんの記事があれば成功です。


売買の参考に
ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト
子供の熱も下がり、随分と元気になりました。
明日から復活します。
今日はとりあえずご挨拶のみ。

相互リンクして頂いている方々、
応援クリックが出来なくて申し訳ありませんでした。

相互リンクを申し込んでくださった方、
明日作業いたしますのでお待ちください。
ごめんなさい。


子供が熱を出したため、少しの間ブログをお休みします。
申し訳ありません。




うり坊さんのリアルタイムトレード、ぽんぽん更新されているので好きです!
10位の
「とれまがファイナンス 」



本日の証券会社の取引履歴

--------------------------------------------
【損益】

なし。

--------------------------------------------
【楽天証券の取引結果】

20060517


--------------------------------------------


売買の参考に

ブログランキングに参加しています。


私のブログをご覧頂いている方のなかで、
うねり取りに関してまったく知らない方が
いるかもしれません。

そのような方のために言っておきます。
私がやっていることは

「なんちゃってうねり取り」
です。

本当のうねり取りの方は、デイトレはやりません。
また、本当のうねり取りは、数ヶ月かけて何度かに分けて買います。(分割買い)
手仕舞いは一括か、多くても2回で手仕舞います。

銘柄も仕手株や金融系はやってはならないとありますし、
指値はやってはいけません。
必ず、寄り付きの成り買いをしなければなりません。

さらに月曜日の売買はやってはいけません。

手書きでホシ足(終値のグラフ)を書くことと、
場帳(終値をノートに記入したもの)も手書きで
書かなければなりません。

以上がうねり取りの大まかな説明です。
私がやっていることは、上記に反することも多々あります。
私がやっている方法が、うねり取りであるとは
決して思わないで下さい。

私がうねり取りのなかで実行していることは、
ホシ足をつけることと、場帳を記入することです。
この二つを書くことによって、銘柄の上げ下げが、
なんとなくわかってきます。
私も始めて間もないので、まだまだおぼろげにしかわかりませんが・・

本当のプロがやるうねり取りを知りたい方は、
以下の書籍を読むことをおすすめします。

まず、林先生の書籍を最初にお読みください。
目からウロコです。





次に、立花義正さんの書籍をお読みください。
株取引の怖さも知ることができますし、
うねり取りの細かな方法も載っています。
しかし、株取引を何度か経験した後でないと、
内容が理解しにくいかもしれません。





うねり取りで安全な株式投資を!


アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。